nakamurk’s diary

日々思うことは残していきます。しっかり生きます。

映画「カンパニーメン」(2019/11/30, Gyao!にて)

早いもので、今年も11月を終わろうとしています。来月30歳になるということで、これまでと違うことをしようと画策した11月。やらなきゃ良かった(笑)。これまでの人生の選択は、あながち間違っていなかったことが分かりましたが、そうでない世界が見えたのもまた一つ意味があったように思います。

さて、久しぶりに映画を観ました。最近の映画だと思いますが、現代の日本人的感覚で言えば「社畜」になってしますのでしょうか。いえ、そんなことありません。いうなれば「働くとは何か?」と言う感じでしょうか。

感想

主人公は結婚して子供がいて、家を持っていて、と今の私とは状況が違うので感情移入はできませんでしたが、感じるところは多々ありました。両親の様子に心乱れる息子の様子や、家庭をもってから職を失い実家に厄介になるところなどはそのようなものなのかと思いました。それから、人間って見栄っ張りなんですよね。職を失ったことをご近所さんに気が付かれたくないので、朝はびしっとして家を出て、夜まで帰ってくるなって。。。つらい現実です。

会社員と私

会社員として働く以上、会社に尽くすというイメージを持っていたのですが、少し印象が違いました。アメリカの話なのですが、「私はこれだけの給料を払う価値がある」というような自分自身の評価とそれを会社が認めて払うという構図です。だからこそ、払う価値があると思っている自分にとって、それが認められないのが、不安やうつの原因になるのではないでしょうか。日本人的には、そういうようなタフな交渉をしていない印象です。というか、私自身そんな自信はなかったですね。そう「なかった」です。今は、自分の仕事量は自己評価できるので、何とか精神を病むことはないですが、これまではそれができておらず、剥げてきましたね(笑)。話は変わりますが、この前中学の友人と飲みに行って、隣で飲んでいた女性二人が「安倍総理はすごい。だって、あれだけストレスがかかる仕事しているのに、剥げないんだもん。毛根が強い!」なんて話をしていました。私は総理向きではないようです。I'm sorry(笑)。

何か手伝う?

定時後、みんなが返った職場で、女の人が上司に対して「何か手伝うことはありますか?」なんて質問していました。上司は、大丈夫だよと言って女性を返していましたが、こういうやり取りが人間的な会話だと思います。私の仕事、あなたの仕事、その垣根を越えて共通する目標のために仕事をするのが良いのではないでしょうか。もちろん、金もうけが必要ですから、株式を売り切ったもん勝ちなのですが、人間的な結びつきがない関係なんて、VRで十分だと思います。おそらく、VRなどは人間的な結びつきを攻めてくるでしょうから、現実世界で得られない人間的な結びつきをVRの世界に求めていくのが将来の荒廃した世界ではないでしょうか。。。

社員よりも株主に責任がある

そうなんです。株式会社の使命は社員の幸せではなく、株主の儲けです。いまでは、小口でも株主になれますとか言っていますが、そういう小口の人は基本的には搾取される側の人ですから、大多数の株を持っている少数の株主を幸せにするために私たちは働いていると思うと、むなしくなってしまいますね。今の私の気持ちは、「お金なんて人生に必要ない」的な崇高な感じのする考えではなく、「お金に困らない人生にするために準備する」ですな。頭の回路をシフトしたので、本気で稼いでいこうと思います!さてどうやろう。

話を戻して、株主に責任があるとかおっしゃる社長、正しいかもしれませんが、社員の顔は歯車に見えていることでしょう。おそらく家族の顔も、立派なスーツやかっこいい車と同じように見えているのではないでしょうか。お金なんてと同じような思想ですが、兌換紙幣をいくら積み上げたって、あなたの人生なんてそこまで素晴らしいのでしょうか?と枕もとでつぶやいてあげたくなりますね。「あなたの葬式には誰も来ませんよ」と。

see, smell, touch

見て、香って、触れて。仕事について夢を語る場面で出てきた表現でした。日本語字幕にはsmellの部分がなかったように思いますが、まさに、生きている、働いている感じが出ていますね。どれだけIT化が進み、キャッシュレスが浸透しても、私は現金派ですね。もちろん使わないこともないのですが。。。最近分かったのは、1か月の給料分であれば、自由に使えると考えている節があるようです。後輩を引き連れて飲みに行っても、馬鹿なことをしても、お祝いとして渡しても、給料以内であれば心にしこりなく渡せる自分がいました。でも、学生時代アルバイト代を茶封筒に包んでもらった日はドキドキしながら帰ったのを今でも覚えています。それくらい、現金と言うのは強力だと思っています。キャッシュレスは便利ですが味気ない。

お求めはこちら

働き方改革などどうせ誰かが儲けたいがための仕組みだと思うので、それに巻き込まれないように考えていこうと心に決めました。こちらは、末期の世界が見れる良い作品と思います!

本「体温を上げると健康になる」

以前、父親にもらって積読していた本でした。今年で30になるので、健康が気になる今日この頃。帯にはベストセラー50万部突破!とあるので、読んだことのある方も多いかもしれません。お医者様が書かれた本ということですが、真偽のほどはどうなんでしょうかね。筋トレの理論なんかは、すぐにたんぱく質を取りなさい、と書いてありましたが、現在私がきいているものでは、すぐにとることは大切だが、しばらくの間はたんぱく質をたくさん撮ると良い、と聞いたことがあり、少しそのあたりはどうなのかな?と思いましたが、文体自体が説得力のある感じで、読みやすく感じました。

感想

p.118「 私たちの体で最初にストレスを認識するのは「脳」です。」

視床下部にストレスが伝わるとの事、摂食行動や本能行動、情動行動も司っている…って、全てじゃないですか!?と読んでいていて突っ込みをしてしまいました。確かにストレスを感じるとたくさん食べてしまいますし、度を越してしまうと食欲がなくなりますし。人間ってやっぱり脳で動いているというのが分かった気がします。体温とか関係なく、如何にしてストレスを減らしていくかですね。それについては答えがなかったように思いますが、脳が弱らないようにストレスフリーとまでは言わないにしろ、あまり物事を深刻に考えないようにしたいですね。

男性のバロメーターについて

生理現象とは言えいきなりでは憚られるので略語で書きますが、NTPと呼ばれる男性特有の現象があります。体を休めるレム睡眠の時に起こるとの事(ノンレム睡眠は頭を休める)。また、目覚まし時計などによる強制的な起こし方ではなく、自然に目覚めた時に現れるのがNTPで、男性ホルモンであるテストステロンが減るとその時間も短くなるのだとか…。今度測ってみようかしら笑。

p.65 「 体重はもとに戻っただけなのに、どうも服のサイズが合わない、そう感じたらそれは筋肉が脂肪に変化した証拠です。」

上記の文章は、体重が同じなのに運動に寄らないダイエットとリバウンドを繰り返すと筋力が落ちてしまい、仮に体重が同じであっても体積の大きな脂肪になってしまうので、結果的に体が太って見えるというものです。こちらに関しては、とても腹落ちしています。最近では筋トレとランニングを交互に実施していまして、会う人会う人に、痩せたね、体が引き締まったね。と言われます。うれしい限りです。そんなこと言われると張り切っちゃいます。そんな単純な男です私。

p.69「人間の筋肉の七割はおへそから下にあるので」

運動部に所属してましたが、筋肉量について考えたことはありませんでした。。。おへそから下に七割の筋肉があるとは思わなかったです。ということはスクワットや歩くことって大切ですね。上半身も見てくれをよくするためには必要なのですがね。上半身がボンレスハムみたいで下半身がマッチ棒みたいな体型では、私の運動できる体系のイメージからはかけ離れていますね。

お求めはこちら

ハッとする気付きの多い本でした。体温とは関係ないようにも思いますが、ストレスは脳で感じるというのは盲点でした。一読してみるのもよいのではないでしょうか。

紙と鉛筆のない世界ではファミコンはできない

IT系の仕事をしていますが、21世紀になっても私は紙と鉛筆派です。派です、はです、ハデス!冥府の王の事ですが、ハデスが出てきそうなファミコンをやるなら、復活の呪文のために紙と鉛筆が必須ですよね(笑)。

定番のグッズという事なので、毎日の生活で使っているものをと考えてみましたが、髭剃り、歯ブラシ、石鹸類、布団など、特にこだわりはなく使っています。強いて言えば、剃刀は5枚刄でないと肌荒れがひどいのですが…。

そんな中、必ず使うのが、紙と鉛筆です。たまに万年筆などの別のペンを使うこともありますが、鉛筆はいいですね。特に紙に染みないところが良いと思います!

そして、書いた付箋はグルーピングして、紙に貼り付けて、タスク管理に使っています!思いついたらパッと書けるので重宝しています。

学生の頃から紙に書く派でしたが、社会人になってからの方が、はるかにうまく使っている気がします。何が変わったかと言えば、見直すようになった事ですかね?書いたら書きっぱなしではなく、定期的に振り返るようにしています。日次および週次で見直しています!でも、「お前、書くのはいいけど、全然覚えてないじゃん」って学生の頃に言われた気がします。まさに書いたことに、無駄な意味を見出していました!

はてなブログ特別お題キャンペーン #コリコラン欲しい

はてなブログ特別お題キャンペーン #コリコラン欲しい
by パナソニック

読者「うつ」にならない技術

技術と書いてテクと読ます。世の中、うつというものがはびこっていますが、私のもとにもその闇は迫っています。いや、光と影ということですので、世の中がキラキラとまぶしいから、反対側に影が差すのでしょう。打つ傾向が治り始めてから読んだので、時期的には今一つでしたが、もしかしたら、こちらの本を読んでいたから立ち直りが早かったのかもしれません。読み返して書いているので、つらかった時と感想が変わてしまっている課もしてません。

感じたこと

P.94 「NO!」が言えない「いい人」

私はNoが言えないんですよね…。なんと言うか、Noという選択肢を選ぶと悪いことが起こる予感しかしないんですよね。その心理構造を何とかしたいところです。根がネガティブなんだと思いますね。余分な仕事と言うか、私が当初割り当てられた仕事以上にタスクが積まれたり、ライフワークバランスとか言いますけど、私としては、まずは働けって思いますね。そのうえで、みんなで幸せになるために仕事をしていこうと。忙しい時もあるし、もしかしたらつらいこともあるかもしれないけど、その中にやりがいというものを見出していけたらよいと思うのです。まあ、そんなことを思っていると、仕事が積まれて、うつになってくんでしょうけど。Noと言ってみたい。

P.96 「自分にとって大切な人」の順番を紙に書いてみる

こちらは、読んでみてすぐにピンときました。「オレ、全然このことについて考えていないではないか!」。そもそも、社会人になってから、行動範囲は広くなりましたが、対人関係の輪は狭くなりましたね。あまり話をしなくなったと言っても過言ではない。たまに話をすることができるとウキウキしてきますね。最近だと月に一回の鎌倉散策くらいですね、そんな会話ができるのは。親兄弟、姪っ子にラグビー関係の知り合い。そして、先輩のエンジニア…ここで言う先輩とは会社のというものではなく、社会のという意味合いが強いですね。そして、それぞれに優先順位をつけるということで、より良い人生にしていきたいですね。こちらには書きませんが、今後のタスクにしていきます!ちなみに、優先度をつけることで、優先度の高いタスクが完了したときに達成感が味わえるとのことです。

P.104 「意欲」「行動」「達成感」この3つのサイクルをうまく回す方法

先日のブログに書きましたが、これがとても大切に思います。どこから始めても良いと思うのですが、まずは行動と言うのが大切なのだと私は思います。と言うのも、私は頭で考えて行動に移さないことが多いからです(笑)。と言うのも、大きな目標みたいなものを立てたつもりになって、具体的な行動に移せないでいる。だから、何も達成感を得られないまま、時間ばかりが無為に過ぎていく。なので、特に行動に移すのが大切です。まずは小さな行動です。小さいからこそ行動に移しやすいですし、何を行動すればよいのかわかるということです。ゴールが遠いと、無限と言える選択肢の中で正解を選び続ける必要があります。そんなのつらいですよね(笑)。イメージは樹形図です。今の自分の立ち位置から、めざしたいゴールへの幾通りの道のりから、正解と呼べる選択肢を選ぶのはつらい、と言うか漫画とか、アニメみたいじゃないですか。楽だしなんとなく楽しいし。そんなことをして、ゴールから遠ざかっていると、永遠にたどり着かないんですよね。だから、ゴールは小さく刻むべきなんですね。小さければすぐに反省することができる。

そんなことを考えながら、仕事のことを思い出すと、ゴールの見えない仕事を振られると、途端に別のことがしたくなりますね(笑)。とりあえず、デスクの整頓なんかしてみたり、試験前の学生みたいでしょ。なんでかって考えれば、まずは現実逃避ですね。そして、ゴールが見えやすいからやり始めるとウキウキしてきますね。「なので」ということではありませんが、私の部屋を含め職場も基本的にはいつもきれいにしています。なぜなら、掃除したいという本来の目標とは関係ない、脇道に逃げないようにしたいからですね。そして、部屋が汚くなったときは、何かがうまく回っていないという指標になるからですね。やること自体が簡単で、目に見えて、そして結果も望ましいもの得られるこの方法はお勧めです!

P.108 技術7 意欲の出る”儀式”を持つ

五郎丸のルーチンが巷で流行りましたが、ああいう儀式を作りたいですね。集中力を保ったり、気分転換したり、人前で話す前に緊張を解き放つ方法とか、あるいは女性に話しかけるための儀式…言葉にするとものすごく変なことを言っているようですが、儀式は大切ですね。そうでなければ、ゼロからすべて始めなければならないので、とても初動にエネルギーがいります。女性に話しかけるための儀式…何かお勧めないですかね?(笑)

P.118 技術8 リズム運動を心がける

走ったり、踊ったりということですね。気分上昇していきます。これまでの経験から、その効果はなんとなくわかります。恋煩いにかかった時も、とりあえず走ることにしています(笑)。私の恋煩いはとても根が深いので、走ったくらいでは治らないですが、気分は上々になります。会社に行くときに階段を使う人も多いと思いますが、ネガティブな気持ちで会談を上り下りしても効果はないみたいですね。なので、私は考えました。この一歩が私の幸せを作っていると考えながら階段の登りあおりをしようと!

リズム運動で思い出しましたが、縄跳びとかズンバのような踊りとかを最近はたまに家でポツンとやるのですが、あや飛びができなくなっていたり、全然動けないパターンとかありますね。特に体をひねる運動が苦手みたいです…ちょっとずつでも改善できたらうれしです。アドバイスがあれば教えてください。何てこと考えられるときは打つにはなりそうにないですね!

P.124 挿絵「うーん、うまい!!」

ああ、おいしかった、なんて言葉にすることがめっきり減ってしまったように思います。月に一回、給料日に行く小料理屋くらいですか。あとはたまに見つける私好みの居酒屋さん。でも、もっとうまいと言いたい旧この頃。こちらの感想を書き始める1、2週間前はうつ傾向だったのですが、今はすっきりしているため、感想も明るいものが多くなりますね!

お求めはこちら

読んでいるときは渦中にありましたが、これを書いているときにはすっきりとした気持ちです。すぐには変われないかもしれません。でも、敵を知ることは大切です。

本「えんぴつ1本ではじめる イラスト手習い帖」

メモやノートに記憶に残したいイメージや気持ちを書き残したいなと思って、イラストのお勉強。文字は少なめで、イメージでピンときます!手はまだまだ練習不足な感はありますが「私の絵」という感じが出て、愛着が持てそうです。

はじめににあった歌うことのプロじゃなくても鼻歌は歌うでしょって言う感じの言葉は、グサッと心に刺さりました!

ちなみに、私の落書きはこちら!なかなかいけてますね?(笑)

お求めはこちら

眺めて、少しだけど紙に書いてみる。ちょっと眠かったので、寝落ちしながら、約一時間で読み終わると言うか見終わりました!(笑)

わからない言葉たち(2019/10/27)

過去の下書き整理中です。中には言葉の意味がわからなかったものを調べようとメモしたものが残ってました。2013年って…まだ大学院生の時ですね(笑)。

時期不明

  • まなじり
    • 目のお尻で、まなじりらしい。
  • 国会同意人事
    • 何があった?政治にはあまり興味なかったはずなのに…。
  • 高転び
    • だから、何があった?(笑)

2013/12/28

  • 含み損益
    • 人生お金が大事ってか?
  • 利回り
    • 利回りで暮らしていけるほど、お金持ってなかっただろ笑。
  • 確度 石橋を叩いて渡りたい、私の人生を象徴する単語。でも詰めが甘いので、終電に乗って帰ろうとして、眠りこけて終点で降りる。そんな人生です笑。
  • 拙速
    • 最近はこちらを意識してます。まずはやってみて、振り返って反省するようにしてます!
  • れいとしすう
    • 詳細不明(笑)。為替か何かでしょうか?
  • 厳か
    • 雰囲気おじさんな私。でも、電車で子供に手を振られるくらいは面白い顔をしているのかな?(笑)読み方は「おごそか」。
  • 愕然
    • 今私は、20を超えたら彼女くらいできると思っていた、若かった自分に愕然としている!(笑)読み方は「がくぜん」。
  • 毅然
    • でもそれも人生と、毅然と受け止めています!読み方は「きぜん」。
  • 露見
    • この頃から、言葉の選び方にクセがあることが露見していました。読み方は「ろけん」。

2014/01/22

  • 総花的
    • えっ、お茶屋さんとかで遊んでなかったはずなんだけども!?読み方は「そうばなてき」。
  • 鳴かず飛ばず
    • 今も変わらず、こんな状態かな?もうちょっと頑張ります!
  • 過ち
    • 総花的なのに鳴かず飛ばず、そしてこれって…何かこの日に過ちを犯したのでしょうか、私?(笑)

2014/02/22

  • シナジー: 相乗効果
    • 横文字嫌い(笑)。
  • 公明正大 : 公平で良心に恥じない
    • そんな風に私は生きたい!
  • 堅調: 徐々に相場上昇
    • 相場?学生の頃に、株でもやろうと思ったんだっけ?
  • 矍鑠: 老いてなお元気
    • 最近、この事ばかり頭がよぎります。今年で30ですが、大切なことです!ちなみに、読み方は「かくしゃく」。
  • 健啖: よく食べる
    • 人生最重量の頃ですからね、よく食べてました。読み方は「けんたん」。

2018/11/18

  • にくづきに旨いで脂: 当て字はデブ?悪いばかりではないですがね!

2019/02/13(この日に足跡1000人でした)

  • モニュメント
    • いつか私もモニュメントになる日が来るのかしら(笑)。
  • カタストロフィ
    • 変革か破局か、まずは変わっていきます!
  • ポートフォリオ
  • ジーザス
    • 破局の線が濃厚?(笑)

2019/02/15

  • 当を得る(とうをえる)
    • 勢いも大事なんだと思いますが、先ずは自分を納得させるために、こちらから攻めるタイプです。

映画「海街diary」(2019/10/19、Gyao!にて)

久々の全休の日、寝床でゴロゴロしながら拝見しました。2015年の作品なので、社会人2年目の頃の映画とです。「女の世界は複雑」が全体の感想ですね。そして「だからこそ、理解してみたい」と思う次第です笑。月一で通っている鎌倉が舞台、この前の花火大会もあったりと、親近感が湧きます!それにしても、こんな美人姉妹、羨ましい笑。

感想

女の世界怖い

はじめは3姉妹でかしましく。腹違いの妹と合わせて4姉妹。叔母さんに、お母さんにと集まれば集まるほど話が広がります。男同士とは一線を画した、口舌の争い。勝てる気がしない、怖いですね笑。

梅酒を漬ける

映画の中で、自分たちで梅酒を漬けたり、おばあちゃんの漬けた10年ものの梅酒が出てきたり、大切に飲みますって、そんな場面が出てきます。糠床の場面とか「家の味」と言うことが出てくる場面ですよね。我が家には漬けるものに関しては家の味はなかったですね。少し寂しい気がします。目下独り身の私の家には糠床ありますけどね笑。味の好みは「家の味」で成長していくのが良いと、私は思います。もちろん繋げていくことは難しいんですけどね。

浮気されたあなたも悪い

樹木希林さんが叔母の役でした。こういうおばさんいますね。少しずけずけと、でも見ている分には心地よいおばさんです。見ている分には笑。

私はあなたのためを思っているのよ、って言っているのが分かりますね。確かにおばさんの考えを押し付けているようにも思いますが、いまのご時世、ここまで親身になって考えてくれる人はいないですね。難しい塩梅なんですけどね。

それぞれの年代の恋

お姉さんたちと高校生の妹。そして母親や定食屋のおかみさんの恋。私も恋がしたい。というか、もっと恋しておけばよかった。いや、片想いはしていたので、何か行動をしておけばよかった。失敗は辛いものだけど、そこから成長するんだと私は思います。ぶつかって成長する。そんな経験は頑張ってするしかない。やらないことも選択なんだけど、それを選択すると反省するにしても、やっておけばよかった、くらいしかないんですね。

良いことも悪いことも想い出

このお話の中で影の主人公というか、影響を持っているお父さんの存在。そのお父さんとの記憶について、良いことも悪いことも想い出と表現していました。フィクションとは言え?子供心に葛藤があったと言うことをとても生々しく表現されていました。演じている女優さん方の力もあるんでしょうが、色々と気づかされます。

ずっと考えてきたんだ

男ってやつは周りの人にも言わず、腹の中に隠しておくんだよなと。そして腹を括ってから、相手に伝える。堤真一さん、後腐れない大人の会話でしたね。遊ぶのは別にして、大人になりたいな。

柱に背丈を記録する

家というものを守る文化と言うのですかね。映画の中でも家を継いでいく話があるのですが、家を持つから子供の背丈を柱に刻み(マジックで書いてたけど笑)、兄弟や子供あるいは孫などとそれを共有していく。共有というかなんと言うのか、それを見て親や祖父母にも自分のような時があり、成長したんだなって分かるじゃないですか。仮屋では出来ないですよね…。ふと、家が欲しくなりますね。梅の木なんかがあって、毎年それを収穫ふる。お風呂場にカマドウマが出てバタバタするのも、嫌だけどもプライスレスな体験ですよね笑。

ご覧になりたい方はこちら

今回は映画を観ましたが、原作は漫画なんですかね。そりゃこういうことを小さい頃から見ていれば、同世代の男女で精神年齢違いますね。同じ頃見てたのは格闘シーンにハラハラドキドキの少年漫画ですよ笑。